芦田愛菜の学力は幼少期の教育法にあり!天才を育てた3つのコツ!

2022年5月7日に放送される『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』に芦田愛菜さんが出演されています。

芦田さんの学力は幼少期の教育法にあり!天才を育てた3つのコツがあると話題になっています。

目次

芦田愛菜さんの学力は幼少期の教育法にあり!

芦田さんの座右の銘は

「努力は必ず報われる。報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とはいえない。」

という王貞治さんの言葉です。

この言葉を父親から教わり、それを守ってきたことが今の芦田さんの高い学力に大きく影響しているんでしょう!

こんなエピソードがありました。

2021年4月に行われた『日本郵便 2021年度 手紙新コミュニケーション』発表会に出席した芦田さんは
「絶対的に味方でいてくれる。母の存在があるから色んなことに挑戦できている。」と語られています。
信じてくれる母親がいるからこそ、芦田さんは何事にも一生懸命になれるのかもしれないですね。

芦田さんが幼少期の頃から両親に教育されたいたことが、

挨拶すること、そして感謝の気持ちを言葉にすること。これを忘れないようにしなさい』と厳しく教えられました。

https://www.cinematoday.jp/news/N0120646

と語られるように、当たり前のことを当たり前にできる子に育つよう、厳しく教えられていたのでしょうね。

天才と呼ばれる芦田さんの華々しい活躍

芦田さんは母親に「楽しそうだから、やってみない?」と勧められ、3歳の時に芸能界デビューを果たされています。

4歳の頃に『ABC家族レッスン ショートムービー2“だいぼーけんまま”』で初めてドラマ出演されていますが、

事務所に所属してから半年間は、ドラマやCMのオーディションを受けても50~60回は落ちていたそうです。
小さい頃からテレビで見ている印象があったので、上手くいかない時期もあったことに驚きました!

5歳の頃に、芦田さんを一躍有名にしたドラマ『mother』の子役を勝ち取っています。

小学校1年生の女の子の役だった。

だから、本当は小学校3年生〜4年生くらいで身長が低い子、歳はいっているんだけれど小学校1年生に見える子、っていう中から選ぶのが、本当は成功法なんです。

(「mother」プロデューサーの次屋尚さんインタビュー)

と語られるように、小学校1年生の役を演じる場合は、8~9歳の子を選ばれるようですが、当時5歳の芦田さんが合格されています。本当に逸材ですよね!

茶々の幼少時代

6歳の頃に、NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で宮沢りえさんが演じた茶々の幼少時代を演じられています。

「マル・マル・モリ・モリ!」

同年6歳の頃に、テレビドラマ『さよならぼくたちのようちえん』で日本のドラマ史上最年少初主演も務めてられています。他にも『マルモのおきて』連続ドラマ初主演となり、同ドラマの主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」は歌手デビューもされています。

幼少期から華々しいご活躍の芦田さんですが、小学校高学年になると芸能活動をひかえめにし、学業に専念されています。

東京都港区三田2丁目17-10

その後、芦田さんは難関と言われる私立中学である『慶應義塾中等部』に一般受験で合格しています。
進学塾で有名な早稲田アカデミーと自宅学習合わせて12時間の猛勉強をされていたそうです。
父親から学んだ「努力は必ず報われる。報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とはいえない。」という言葉の通り、相当努力家のようですね。

東京都三田2丁目17-23

現在は偏差値77の慶應義塾女子高校に通われています。
テレビの受け答えからもわかるように賢いですよね!

天才と呼ばれる芦田さんは幼少期の頃から努力家のようです。

天才を育てた3つのコツ!

芦田さんの母親は次の3つのことを意識していたそうです。

芦田さんの母親は、
2歳の頃から本の読み聞かせを始める

②本は好きなだけ読ませる

疑問には最後まで付き合う

①2歳の頃から本の読み聞かせを始める

芦田さんが夢中になった絵本

「両親は、私が小さい時からすごく身近に本を置いてくれていました。そういう環境を作ってくれたことに感謝してます。本が好きになったのは、いつもたくさん読み聞かせしてくれていたことが大きいと思います」
読み聞かせを通じて、文字や言葉に慣れ親しんでいたこともまり、3歳の頃にはひらがなを読めるようになっていたと言います。

https://hugkum.sho.jp/72750

3歳の頃にひらがなが読めるようになっているのは、早いですよね!!

②本は好きなだけ読ませる

2020年9月21日に放送された『深イイ話×しゃべくり007SP』に出演された際に、「365日欠かさず読書をしているらしい」という噂に触れると、「文字を読んでないと落ち着かない」と語られています。

6歳の頃には月60冊本を読んでいたそうです!
1日2冊ペースで読めるスピード、理解力がすごいですよね。

③疑問には最後まで付き合う

「それなぁに~?」と芦田さんが疑問に思ったことは、最後まで付き合い、理解するまで答えていたそうです。

日々の会話からも学びの成長を妨げなかったそうです。

疑問に対して答えられるご両親もすごいですよね!!

幼い頃から『読み聞かせを始めたり』『本を読んだり』『疑問には最後まで付き合うなどの教育を受けていたからこそ、
子役としてご活躍できたのかもしれないですね。

まとめ

2022年5月7日に放送される『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』に芦田愛菜さんが出演されていますが、

芦田さんの学力は幼少期の教育法にあり!天才を育てた3つのコツがあると話題になっていました。

芦田さんは5歳で『mother』の子役を勝ち取っていますが、ご両親の教育法がとても素晴らしく、

3歳の頃にはにひらがなが読めるくらいになっていたようです。

3歳でひらがなが読めることにも驚きですが、本来8~9歳の子役を選ぶところを5歳の芦田さんが選ばれたということに一番驚きました。

天才と呼ばれていますが、父親から学んだ「努力は必ず報われる。報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とはいえない。」という言葉の通り、中学校に受かるため、毎日12時間の猛勉強をされる努力家のようですね。

今後も芦田さんのご活躍に期待しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる